思わず共感!「抱っこしてないのに揺れてしまう……」しかも隣にいる夫まで!?夫婦でユラユラ……<育児あるある>

思わず共感!「抱っこしてないのに揺れてしまう……」しかも隣にいる夫まで!?夫婦でユラユラ……<育児あるある>

思わず共感!「抱っこしてないのに揺れてしまう……」しかも隣にいる夫まで!?夫婦でユラユラ……<育児あるある>

思わず共感!「抱っこしてないのに揺れてしまう……」しかも隣にいる夫まで!?夫婦でユラユラ……<育児あるある>

皆さんは、子育てをされた経験はありますか?
常に、子どもが危険な目に遭わないようにするのは、とても大変なことですよね……!

今回は、皆さんから募集した、育児をされた方が思わず共感するような<育児あるある>を紹介いたします!

抱っこしてないのに揺れてしまう!

新生児の頃からぐずったり寝かす時など、抱っこしながら自分が縦に揺れたり、横に揺れたりしていました。
それはある程度成長して大きくなっても、同じく揺れて寝かしたり機嫌を取ったりしています。

毎日何気なくしているからか、気づいたら抱っこもしていないのに揺れてる時があるんです。
しかもそれは自分だけでなく、私が抱っこして揺れている隣で、旦那も何故か一緒に揺れていました!

その逆で旦那が抱っこしてる時に、私も隣で一緒に揺れていることがあります。
夫婦揃って揺れてることが多々あり、「ハッ!抱っこもしていないのに揺れてる!」と気づいた時にはとっても恥ずかしくなるのでした。
(30歳 専業主婦)

どんどん高い所へ……

現在、年長の次女は離乳食が始まる前から、食べる事に興味津々でした。
自分のお椀とスプーンが見えると手足をパタパタさせて大喜びしていました。

ハイハイで動き、つかまり立ちもできるようになってくると、引き出しを開けて食べ物をひたすら漁り、いつのまにかお菓子の袋を器用に開けられるようになっていました。

まだ食べられない物を食べては困るので、お菓子やふりかけ等は手の届かない所へ片付ける事になりました。
それでも食べ物を漁りたい次女はキッチンの棚をつたい歩きで動き周り、ついに食べ物発見!

これまた器用に炊飯器を開けて、しゃもじでご飯を大盛りにすくい、うれしそーにおいしそーに顔中にご飯をつけながら食べていました。
あまりにも幸せそうな顔に思わずカメラを向けてしまいました。

そして色んな食べものを見つけては器用に開けて食べるので、いつしか食べ物の収納場所はすべて高い場所へと変わっていました。
(36歳 保育士)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<育児あるある>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: