「寝かしつけたいのに!」音に敏感な我が子。抜き足差し足で部屋を出るが…上手くいかずに?!<育児あるある>

「寝かしつけたいのに!」音に敏感な我が子。抜き足差し足で部屋を出るが…上手くいかずに?!<育児あるある>

「寝かしつけたいのに!」音に敏感な我が子。抜き足差し足で部屋を出るが…上手くいかずに?!<育児あるある>

「寝かしつけたいのに!」音に敏感な我が子。抜き足差し足で部屋を出るが…上手くいかずに?!<育児あるある>

皆さんは、子育てをされた経験はありますか?
常に、子どもが危険な目に遭わないようにするのは、とても大変なことですよね…!

今回は、皆さんから募集した、育児をされた方が思わず共感するような<育児あるある>を紹介いたします!

早く寝かせたい時に限って…

我が子は音にとても敏感です。
そのため、寝かしつけの時も隣で物音を立てることが出来ないため、一緒に寝落ちしてしまうこともしばしば。

なぜか仕事がたまっていて早く寝かせたい時に限ってなかなか寝ない…
またうまく寝かしつけても、第一関門として部屋からの脱出があります。

物音を立てないように抜き足、さし足で部屋の外へ。
そこからの作業はとにかく静かに…。

ただ時間が経つにつれてちゃんと寝ているのかが心配になって、部屋の中を確認せずにはいられなくなり、その音で起きてしまうことが…。

起きてしまうと分かっていても、どうしても我慢ができず何度も繰り返し。
ただ起きた時にこちらを見て満面の笑顔を見せてくれる事も。

その笑顔に本当に癒されます。

(36歳 営業)

カエルには勝てなかった夏

主人の実家に五日間帰省したお盆休みの時のこと。
コロナ禍でもあったため3年ぶりの帰省でした。

大阪から島根へ。息子はもう5歳。
島根県の左端の方で実家の周りは山や田んぼ、川に囲まれた特に何もない田舎です。

車で1、2時間走ると中心街に行けたりはするので、
せっかくだと思い海水浴や昆虫館などの楽しい遊び場に連れて行ってあげようとみんなで企画しました。

着いた初日に田んぼを見てテンションが上がる息子、絵本でしか見たことないカエルやおたまじゃくしに大興奮。
2時間弱かかる遊び場へ向かおうとした道中、車を走らせて40分ぐらいで、おうちでカエルさんとりたいと騒ぎ出し泣き出し戻るハメに。

私達がたくさん考えた遊び場より、息子はカエルとりに夢中になりすぎて朝・昼・晩ずっと田んぼで遊んでました。
五日間よくも飽きずに汗だくになりながら、気づいたら田んぼにいる息子。

カエルには勝てなかった夏でした。

(40歳 専業主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<育児あるある>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: