【ほっこり】甥っ子「”さつば”のクローバーしかないね」甥っ子と公園を散歩→すると、四つ葉のクローバーを探し始め…?

【ほっこり】甥っ子「”さつば”のクローバーしかないね」甥っ子と公園を散歩→すると、四つ葉のクローバーを探し始め…?

【ほっこり】甥っ子「”さつば”のクローバーしかないね」甥っ子と公園を散歩→すると、四つ葉のクローバーを探し始め…?

【ほっこり】甥っ子「”さつば”のクローバーしかないね」甥っ子と公園を散歩→すると、四つ葉のクローバーを探し始め…?

皆さんは「腹を抱えて笑ったこと」ありますか?
日常でごく稀に、何分も笑い続けてしまうようなとても面白い出来事に遭遇することがありますね。
今回は、みなさんから募集した<人生で一番笑ったエピソード>を紹介します。

クローバー探し

6歳の小学1年生の甥っ子の話です。
おしゃべりが好きな子で小学校に行くようになってから、言葉をどんどん覚えて私に教えてくれることが多くなりました。

一緒に公園へ散歩に行き、虫取りや葉っぱや花などを見つけて遊んでいました。

しばらくすると「四つ葉のクローバーを見つけたい!」と言って一生懸命探していたのですが、
ふと「さつばのクローバーしかないね」と言いました。

「さつば…?」と思い甥っ子が見つめる先に目をやると、そこにはみつばのクローバーがありました。

確かに“3(さん)”と言いますよね…そこから”さつば”だと思い込んでいたようです。

なんともかわいい言い間違いに、笑いが止まりませんでした。
かわいいのでまだ正解は教えていません。

(37歳 会社員)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<人生で一番笑ったエピソード>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: