【悲劇】「しばらく嫌いになった…」彼と下校中に話していると、突然笑いをこらえ始めて…!?→渡してきた鏡を見てショック!

【悲劇】「しばらく嫌いになった…」彼と下校中に話していると、突然笑いをこらえ始めて…!?→渡してきた鏡を見てショック!

【悲劇】「しばらく嫌いになった…」彼と下校中に話していると、突然笑いをこらえ始めて…!?→渡してきた鏡を見てショック!

【悲劇】「しばらく嫌いになった…」彼と下校中に話していると、突然笑いをこらえ始めて…!?→渡してきた鏡を見てショック!

皆さんは意中の方と出かけたり、デートをしたりした経験はありますか?
失敗したくない思いから緊張し、かえって失敗してしまった、なんてこともあるのではないでしょうか。
今回は、皆さんから実際に募集した<デートでやらかしたエピソード>を紹介いたします。

笑いをこらえる彼氏…

高校生の頃、毎日のように下校を一緒にしている彼氏がいました。
駅まで一緒に歩いて、そのあと1時間ほどおしゃべりをするデートが日課となっていました。

いつもは駅の隅っこの薄暗い階段に座ってしゃべっていましたが、その日は珍しく待合室がすいていたので明るい照明の下のベンチに座っていました。

しばらくしゃべっていると、彼はなんだか笑いをこらえている様子でした。
「なに?」と尋ねると、黙って私の制服のポケットから鏡を出して見せてきました。

「コンブついてる…」

もう最高に恥ずかしかったです。「青のりならまだしも昆布って…」と落ち込みました。
きっとお昼のお弁当のご飯にのっていた昆布なんでしょう。あれからしばらくは昆布嫌いになりました。
デートの前は鏡のチェック、重要ですよ。
(37歳 専業主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<デートでやらかしエピソード>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: