【爆笑】「混乱しつつもそっと警察に電話を…」帰宅すると”見知らぬお婆”が洗濯物を畳んでいた…→思わず笑ってしまう衝撃の結末とは

【爆笑】「混乱しつつもそっと警察に電話を…」帰宅すると”見知らぬお婆”が洗濯物を畳んでいた…→思わず笑ってしまう衝撃の結末とは

【爆笑】「混乱しつつもそっと警察に電話を…」帰宅すると”見知らぬお婆”が洗濯物を畳んでいた…→思わず笑ってしまう衝撃の結末とは

【爆笑】「混乱しつつもそっと警察に電話を…」帰宅すると”見知らぬお婆”が洗濯物を畳んでいた…→思わず笑ってしまう衝撃の結末とは

皆さんは「腹を抱えて笑ったこと」ありますか?
日常でごく稀に、何分も笑い続けてしまうようなとても面白い出来事に遭遇することもありますね。
今回は、みなさんから募集した<人生で一番笑ったエピソード>を紹介します。

家に侵入するおばあちゃん

私の弟から聞いた話が本当に面白かったので聞いて欲しいです。
当時大学生で1人暮らしをしていた弟は、困ったことに”楽だから”と鍵をかけずに出かけることが習慣づいていたそうです。

その日も鍵をかけずに通学し、夕方頃帰宅すると、なんと玄関に見知らぬ靴が。
血の気がサーッと引き、部屋の方に目をやると…なんとそこには、丸まった背中で洗濯物を畳む見知らぬおばあちゃんの姿が!

「ここで何してるんですか?」と声をかけると、「おや、〇〇おかえり。」と誰かの名前を口にしてにっこり笑うおばあちゃん。
どうやら弟のことを自分の孫や子どもと勘違いしているようでした。

洗濯物を畳みながら話しかけてくるおばあちゃんに、混乱しつつもそっと警察に電話をする弟。

すると、電話先の警察官が「あぁ…。田村さんですね。」といってすぐに駆けつけてくれ、「はいはい、田村さん、今日はこのおうちにお邪魔したんだね~帰るよ~」と手慣れた様子でおばあちゃんを回収(笑)

警察官によると、この方は徘徊癖のあるおばあちゃんで、こうしてしょっちゅう人の家にあがりこんでしまうそう。
田村さんらしきおばあちゃんは、「離せ~!」と大暴れしながら連れて行かれたようです…。

呆気に取られた弟が最後に目にしたのは、弟の靴下を片方履いていたおばあちゃんの姿。
残されたもう片方の靴下は何でか捨てられないそうです(笑)
(28歳 主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<人生で一番笑ったエピソード>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: