「こっちに来ないで」夜中に近づいてくる人影。逃げることができないこの状況は“リアルな夢”?→起きてみると体に異変が!?<ゾッとする怖い話>

「こっちに来ないで」夜中に近づいてくる人影。逃げることができないこの状況は“リアルな夢”?→起きてみると体に異変が!?<ゾッとする怖い話>

「こっちに来ないで」夜中に近づいてくる人影。逃げることができないこの状況は“リアルな夢”?→起きてみると体に異変が!?<ゾッとする怖い話>

「こっちに来ないで」夜中に近づいてくる人影。逃げることができないこの状況は“リアルな夢”?→起きてみると体に異変が!?<ゾッとする怖い話>

皆さんは、怪談や怖い話はお好きですか?
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

あまりにもリアルな夢

これは私が中学生だった頃の話です。

とある夏の日のこと。
普段私は夢をあまり見ないのですが、寝てるのにも関わらず、まるで起きているかのように、家の構造が正確に一致している夢を見ました。

夜用に電気を暗くしている所まで一緒です。
すると、黒い人影が、ベランダからよじのぼって来ているのが見えました。

私はとっさに泥棒だと思ってしまいました。
2階には2つ部屋があって「こっちに来ないで」と思っていたのですが、最悪な事に私の部屋の窓を開けて入って来ました。

「やばい、泥棒だ、逃げなきゃ」と思い、気付かないフリをしていたのですがどんどん近づいてきました。
そしてその影が両手で首を締めるかのような動作をしたとき、パッと目が覚めました。

起きたら、経験した事がないくらいシーツがビチャビチャになっていました。
むかし心霊のお話聞いたとき、ビチャビチャになっている話をよく聞いたことがありましたが、本当にこんなことがあるのかというのにも驚きました。

シーツがそんなになることは、どんなに怖い夢を見てもあのとき一回だけです。

(50歳 主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: