「過る」←“過ぎる”とは何が違うの?1文字抜いただけなのにこんな読み方が!?皆さんは正解が分かりますか?【漢字クイズ】

「過る」←“過ぎる”とは何が違うの?1文字抜いただけなのにこんな読み方が!?皆さんは正解が分かりますか?【漢字クイズ】

「過る」←“過ぎる”とは何が違うの?1文字抜いただけなのにこんな読み方が!?皆さんは正解が分かりますか?【漢字クイズ】

「過る」←“過ぎる”とは何が違うの?1文字抜いただけなのにこんな読み方が!?皆さんは正解が分かりますか?【漢字クイズ】

皆さんは日常で漢字を使う機会はありますか?
スマートフォンなどの情報機器をよく使用するようになり、漢字を書く機会も減ったのではないでしょうか?

今回は「これ、何と読むんだ?」と頭を抱えるような、漢字をクイズで紹介いたします!

(1)過る


1つ目は、「過る」です。

“ぎ”の1文字を抜くだけで、「過ぎる(すぎる)」とは違う読み方になります。

皆さんは分かりますか?

(2)慮る


2つ目は、「慮る」です。

なんと読むのか考え込んでいるうちに、答えが出てくるかもしれません!

ここで、この2つの漢字のヒントです!

ヒント


ヒント(1)は、
・前を通りすぎること
・漢字の部分は2文字で読む
です。


ヒント(2)は、
・よくよく考えること
・漢字の部分は5文字で読む
です。

2つの情報で、分かった人もいるでしょうか?

答え

正解(1)は、「よぎる」でした!
似た意味でも、少し違うだけで読み方が変わるのは面白いですよね!

そして、正解(2)は「おもんぱかる」でした!
「おもんばかる」という読み方もあります。

皆さんは分かりましたか?


今回は、漢字クイズをご紹介しました。
次回の配信も楽しみにしていてくださいね!

※本記事で扱う漢字は、時代によって読み方が変わるものもあります。
※本記事は、「広辞苑」を参考にしています。
(lipine編集部)

関連記事: