「どうやって現れたの?!」真夜中に自動販売機へ→突然目の前におじいさんが現れた!?叫んだ瞬間に消えたけど…その足元には?<ゾッとする怖い話>

「どうやって現れたの?!」真夜中に自動販売機へ→突然目の前におじいさんが現れた!?叫んだ瞬間に消えたけど…その足元には?<ゾッとする怖い話>

「どうやって現れたの?!」真夜中に自動販売機へ→突然目の前におじいさんが現れた!?叫んだ瞬間に消えたけど…その足元には?<ゾッとする怖い話>

「どうやって現れたの?!」真夜中に自動販売機へ→突然目の前におじいさんが現れた!?叫んだ瞬間に消えたけど…その足元には?<ゾッとする怖い話>

皆さんは、怪談や怖い話はお好きですか?
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

目の前に現れたおじいさん

もう10年くらい前になります。
暑さが残るころの、夜11時過ぎのことです。

無性にコーラが飲みたくなって、いつもは買わない自動販売機へ行きました。

自動販売機の前に来て、コーラを買おうとしたら目の前におじいさんが立っているのです。
「今の瞬間に、どうやって私の目の前に立つことができたんだ…」と理解不能で後ずさりしました。

そしたら何かにぶつかったので振り向くと、今前にいたおじいさんが後ろにいるのです。

もうパニックで「うがあああああ~!」と大声で叫んでしまいました。

そしたらたまたま近くを歩いていた人が「おいおい、どうした?」と、私のほうにやってきました。
「え?いや、今おじいさんが…」と言って足元を見ると、ボロボロのビーチサンダルを踏んづけていました。

そのビーチサンダルとおじいさんと何か関係があるかは分かりませんが、今でもずっと夜道を歩く時は足元に気を付けています。

(52歳 自由業)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: