「いま確かに布団の上に…!」友人の姿を見たはずなのに…次の瞬間には消えていて!?

「いま確かに布団の上に…!」友人の姿を見たはずなのに…次の瞬間には消えていて!?

「いま確かに布団の上に…!」友人の姿を見たはずなのに…次の瞬間には消えていて!?

頭が割れそうなくらい痛くなった

ずっと真後ろにいた霊のせい…?


霊感の強い彼が「頭が割れるほど痛い」と言ったということは相当だったのでしょう…
彼が無事でよかったですね。


(lipine編集部)(イラスト/高橋まい)
※こちらの記事では、皆さんから寄せられた実際にあったエピソードをご紹介しております。

関連記事: