「返しに行かなきゃ…」山で拾った石を持ち帰った日から…毎晩の金縛りと記憶喪失が続く。→気づいたら“あの山”に向かっていて…?

「返しに行かなきゃ…」山で拾った石を持ち帰った日から…毎晩の金縛りと記憶喪失が続く。→気づいたら“あの山”に向かっていて…?

「返しに行かなきゃ…」山で拾った石を持ち帰った日から…毎晩の金縛りと記憶喪失が続く。→気づいたら“あの山”に向かっていて…?

「返しに行かなきゃ…」山で拾った石を持ち帰った日から…毎晩の金縛りと記憶喪失が続く。→気づいたら“あの山”に向かっていて…?

皆さんは、怪談や怖い話はお好きですか?
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

持ち帰った石は

ある日、友達と山に行った際、落ちていた石がなぜか気になり、そのまま持って帰りました。
それから毎晩金縛りにあうようになりました。

「返さなきゃ返さなきゃ」と思ってたのですが、予定が空かずにその石をずっと家に置いていました。

そんな時、友達を車で送り届けた後、家に帰ろうとナビを設定したのですが、気づいたら私は山の上方まで車を走らせていたのです。
その後、母親に電話をつなげながら何とか家に帰りました。

他にも夜に、1人ドアを空けて外に出ようとする私に気づき、母が慌てて声をかけてくれたこともありました。
母が言うには、私は「行かなきゃ、行かなきゃ」と呟いていたようです。

何とか布団に戻してもらい、気づいたら朝になっていたのですが、私はその夜の記憶がありませんでした。
しばらくして、友達と行った山に石を返しに行ったところ、その日からおかしな出来事はピタリと止まりました。

その山には何かがあったのか、私は誰に呼ばれていたのか、いまだに分かりません。

(28歳 主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: