【悲劇】大寝坊して“パジャマ”のままデートへ!→彼女の視線は冷たい…その理由は恰好ではなく”あるもの”を入れてきたことで?!

【悲劇】大寝坊して“パジャマ”のままデートへ!→彼女の視線は冷たい…その理由は恰好ではなく”あるもの”を入れてきたことで?!

【悲劇】大寝坊して“パジャマ”のままデートへ!→彼女の視線は冷たい…その理由は恰好ではなく”あるもの”を入れてきたことで?!

【悲劇】大寝坊して“パジャマ”のままデートへ!→彼女の視線は冷たい…その理由は恰好ではなく”あるもの”を入れてきたことで?!

皆さんは意中の方と出かけたり、デートをしたりした経験はありますか?
失敗したくない思いから緊張し、かえって失敗してしまった、なんてこともあるのではないでしょうか。
今回は、皆さんから実際に募集した<デートでやらかしたエピソード>を紹介いたします。

パジャマ姿で迎えに行ったら

初デートが嬉しくて、前日は寝られませんでした。
そのせいで、起きたらすでに待ち合わせ時間10分前…。

とにかく急いで会いに行って、謝罪しなければと考えました。
そして私はパジャマのまま車に乗り込み、彼女を迎えに行きました。

車を降りた私の姿を見て、彼女はドン引きしています。
パジャマ姿で来ると決めた時から、このリアクションは想像していました。

こんな姿で来たことを謝罪したのですが…
問題は恰好のことではありませんでした。

理由を聞いたらそっと指を指されて…
胸ポケットに小さいぬいぐるみが入っていたのです。

実は私、ぬいぐるみが無いと寝られないので、いつもぬいぐるみを持って寝ていました。
起きたら胸ポケットに入れて、朝の時間を過ごしていたのですが…

この日も無意識のうちにこの行動をとっていたのです。

正直にぬいぐるみが好きなことを伝えて、理解して貰いました。
あれから10年経った今、その女性は嫁として人生を支えてくれています。

(44歳 会社員)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<デートでやらかしエピソード>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: