「誰かが助けてくれた…?」バイク走行中に上着を引っ張られる感覚が!不思議に思い停車→数分後、目の前で“交通事故”が発生!?

「誰かが助けてくれた…?」バイク走行中に上着を引っ張られる感覚が!不思議に思い停車→数分後、目の前で“交通事故”が発生!?

「誰かが助けてくれた…?」バイク走行中に上着を引っ張られる感覚が!不思議に思い停車→数分後、目の前で“交通事故”が発生!?

「誰かが助けてくれた…?」バイク走行中に上着を引っ張られる感覚が!不思議に思い停車→数分後、目の前で“交通事故”が発生!?

皆さんは、怪談や怖い話はお好きですか?
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介します。

誰かが助けてくれた…?

ある晴れた日のことです。

私は仕事でバイクに乗って移動することが多いです。
その日もいつものように出かけようと、バイクに跨りました。

するとめったに触れることのないサイドミラーが、汚れて捻り曲がっていたのです。
仕方なくミラーを清掃し、5分程予定が遅れてしまいました。

そうして出発して2、3分ほど走行していると、いきなり上着を誰かに引っ張られた感覚がありました。
びっくりして一旦路肩に停車。

「何だろう、気のせいかな」と思い、気を取り直してまた走り出しました。

すると私の少し前方の十字路で、交通事故が起きたのです。
ひっくり返った自動車やトレーラーを見て、もし私が通常通りの動きで遅れたり、立ちどまったりしていなければ、間違いなく事故に巻き込まれていたと思いました。

今でもこのときの体験は、誰かが私を事故回避のために、手助けしてくれたのだと思っています。

(49歳 販売職)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: