「お下がりちょうだいよ」しつこく服を欲しがるママ友。さらにはあげた服にケチをつけてきて…!?<ママ友トラブルエピソード3選>

「お下がりちょうだいよ」しつこく服を欲しがるママ友。さらにはあげた服にケチをつけてきて…!?<ママ友トラブルエピソード3選>

「お下がりちょうだいよ」しつこく服を欲しがるママ友。さらにはあげた服にケチをつけてきて…!?<ママ友トラブルエピソード3選>

「お下がりちょうだいよ」しつこく服を欲しがるママ友。さらにはあげた服にケチをつけてきて…!?<ママ友トラブルエピソード3選>

子どもが幼稚園、小学校と成長していくなかで、”ママ友”と呼ばれる人間関係が登場しますよね。
皆さんの周りには、ちょっと厄介なママ友がいませんか?

今回は、皆さんから実際に募集した” ママ友”に関するトラブルエピソードを3選、ご紹介いたします。

情報探りママ


やたらと私の家の情報を探ってくるママ友が本当にうざかったです。

我が家は父親がそこそこ名のある企業に勤めているのですが、ふとした拍子にそれを知ったママ友は何かあるごとに

「いいじゃん、天下のXXでしょ?で、親戚とかもそこにいるの?」などと別にどうでもいいだろ!というようなことを毎回聞いてきていたので本当に腹が立ちました。

(33歳 会社員)

「お下がりちょうだいよ」


私の娘が小学生の頃、仲が良かった女の子がいました。その子のお母さんの話です。
うちは、両家の祖母が洋服好きで、娘によく「これ、〇〇ちゃんに似合うと思って!」と買ってくれました。

すると、その子のお母さんが「〇〇ちゃんて、かわいい服をたくさん持っているわね。ねぇ着られなくなったらちょうだいよ。下の子に着せたいの。」と言うのです。

その子は三姉妹の長女で下には2人の女の子がいるので、洋服はたくさん欲しいのでしょう。

だけれど、お下がりの予約っていうのは気分のいいものではありませんね。人にあげるとしたら、汚さないよう気をつけなくてはなりません。こちらから「お下がりだけどよかったら着てくれる?」というものじゃないでしょうか。

それでも、一度、数着あげたら「あのトレーナー、腕のゴムが緩んでいた」なんてケチをつけられました。それ以降も、浴衣をくれ、体操服をくれ、などたわごとを言ってきましたが、苦笑いでスルッとスルーです。

(49歳 アルバイト)

よく人の物をマネするママ友…


子どもが保育園に通っているときの話です。

幼稚園とは違って、保育園の付き合いはかなりドライです。
特に1歳クラスは、育休から復帰したばかりで慌ただしいママさんがほとんどでした。

挨拶とトイトレの進み具合など、本当に簡単な世間話しかしていなかったのですが、
1歳クラスに途中で入ってきたママが強烈だったのです。

「〇〇くんママのバッグかわいいね!どこの?」から始まり、「そのジャケットどこの?今季?」と聞いてくると思ったら、次会うと同じもの(色違い)を持っているのです…!

「こんな漫画みたいなことあるんだ?」と驚きましたが、色違いだったこともあって、あまり強くも言えませんでした。

驚いたのは3年程前に買ったお気に入りのブランドコートの色違いを持っていたことです!
店頭にはおいていないだろうし、リサイクルショップやメルカリなどで買ったのかもしれませんが、その執念に少し引いてしまいました。

最近は「それどこの?」に対して、「忘れちゃった〜随分前のかな」でごまかすようになりました。
(34歳 会社員)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した「ママ友トラブルエピソードまとめ」をご紹介しました。

みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: