「ある意味ゾッとするわ…」束縛がひどかった彼とお別れ…そのあとのストーカー行為がしつこすぎる!?【ゾッとする怖い話3選】

「ある意味ゾッとするわ…」束縛がひどかった彼とお別れ…そのあとのストーカー行為がしつこすぎる!?【ゾッとする怖い話3選】

「ある意味ゾッとするわ…」束縛がひどかった彼とお別れ…そのあとのストーカー行為がしつこすぎる!?【ゾッとする怖い話3選】

「ある意味ゾッとするわ…」束縛がひどかった彼とお別れ…そのあとのストーカー行為がしつこすぎる!?【ゾッとする怖い話3選】

みなさんは、恐怖体験をしたことがありますか?
日常生活、職場、旅先など色々なシーンで起こりうることですよね。

今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>をまとめて3選、ご紹介いたします。

気配がする…。


これは私の友人に起こった出来事です。友人はその時に務めていた会社の上司から、勤務後2人での飲み会に深夜まで連日連れまわされていました。

日に日にエスカレートしてきたので、友人は上司の誘いを断るようになりました。

その頃から友人は体調が優れない日が増え、家にいても人の気配がする、呼吸が苦しくなるということが頻発しました。

そのことを霊感の強い私の母に話すと、こんな感じの男の人(具体的な特徴)が、ずっと友人のことを見ている。

執着が強く、生霊になっている。と言われたのです。

その特徴を友人に話すとその特徴は上司とピッタリでした。友人はその後退職しました。

辞めたその日から息苦しさもなくなり、今は他の会社で楽しく働いているそうです。

(20代主婦)

ちゃんと閉めたはずのドアが

約4年前、前職の仕事である県で勤めていた時の話です。

ある商業施設の店長として配属になってまだ2か月ぐらいしか経っていなかったので分からないことばかりでまさかこんな怖い体験をするなんて全く思っていませんでした。

私が勤務していた店舗は20坪ぐらいの小さいお店でした。アパレル関連なので店舗には試着室があります。

でもその試着室についてこんな怖い話を同じ従業員のパートさんから聞きました。「閉めたはずのドアが開いていた」です。

私はそんな話を全く信じていませんでした。しかし、ある昼過ぎ、店内も閑散としていたので清掃を始め試着室のドアを閉めた状態で完了しました。(試着室は閉めるというよくわからない会社のルール)

そして1時間が経って事務作業をしていたとき「ギーッ」と音が鳴ったのです。

ちゃんと閉めたはずのドア。閑散としていて通路にはお客様も通っていない状況だったのにもかかわらずです。

案の定試着室に行くと不自然に10㎝程開いた状態でした。その怪奇現象は1回だけでなく数回(私が在籍していた期間では10回程)起こっていました。

パートさんの話では、もう3年前から同じ現象が起こっていたとのこと。

しかも、ベビーカーを連れたお客様で、赤ちゃんがずっと泣いていたのに斜め上をずっと見つめて急に笑い出した現象も複数見たという話も聞きました。

この店舗で昔何があったのか不明でしたが、とても気味が悪い体験をしました。

(38歳 会社員)

ある意味ゾッとする話


留学時代に付き合っていた中国系アメリカ人の彼。
束縛がひどかったので、お別れをしました。

その後もしつこく私へのストーカー行為が続いていました。
しばらくして彼に新しい日本人の彼女ができました。

ある時その彼女は私を呼び出し言いました。
「もう彼を自由にしてあげてくれませんか?今、彼は私と付き合っているので。」とのこと。

「いやいや、ちょっと待ってよ!つきまとってくるのあんたの彼氏よ!」と言ったけど聞いてくれず…。
ストーカーの真っ赤な嘘を信じたその彼女はまさに”恋は盲目”状態。

私に対しては”別れてるくせに私の彼氏に近寄ろうとしているクソ女”と憎悪を抱き始めました。
関わると面倒臭いと思ったので完全無視をしていました。

その1ヶ月後、そのストーカーは彼女を私のアパートの隣の部屋に住まわせるという行動に出ました。
彼女は彼女で「ラブラブな私たちを見せつけたい」みたいな感じのオーラを放っています。

彼は私の部屋を覗くし、玄関によく居座るし…。
ある意味ゾッとした話です。

速攻で引っ越しました。
(42歳 主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話まとめ>をご紹介しました。

みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: