「きちんと見守っていれば…」腕が痛いと抱きついてきた子ども。急いで病院に行くと”衝撃”の診断結果が…!<子育て危機一髪エピソードまとめ>

「きちんと見守っていれば…」腕が痛いと抱きついてきた子ども。急いで病院に行くと”衝撃”の診断結果が…!<子育て危機一髪エピソードまとめ>

「きちんと見守っていれば…」腕が痛いと抱きついてきた子ども。急いで病院に行くと”衝撃”の診断結果が…!<子育て危機一髪エピソードまとめ>

「きちんと見守っていれば…」腕が痛いと抱きついてきた子ども。急いで病院に行くと”衝撃”の診断結果が…!<子育て危機一髪エピソードまとめ>

皆さんは、子育てで大変だった出来事はありますか?
わが子の成長のためには、親の努力や苦労がつきものですよね。

今回は、皆さんから実際に募集した<子育て危機一髪エピソード>を3選、ご紹介いたします。

まさかこんなことになるなんて


子どもたちと公園に行き、滑り台で遊んでいました。
滑り台の上に上の子がいて、下の子は手を伸ばし、ぶら下がって遊んでいました。

下の子が急に「お母さん腕が痛い」と泣いて抱きついてきました。
日曜日だったので救急にかかると肘が外れて亜脱臼になっていたようです。

上の子は自分が引っ張ってしまったからと責任を感じていましたが…
親である私の責任。私はきちんと見守り注意しなかった事を反省して、下の子に謝りました。

(42歳 主婦)

いい加減な医師…?


当時2歳だった娘の話です。
珍しく風邪を引いてしまった娘。熱も少しあり咳もひどかったので小児科へ受診。

風邪ですね~と言われ薬を貰ってその日は帰宅しました。
しかし、薬を飲んでも咳だけはよくならずなんとなく変な感じがしたので救急に。

先生に「いつから咳でてるの?もっと早く来れなかったの?」と言われたので小児科に受診したことを説明。
先生曰く、見落とされたとのこと。

結局、2泊3日ほど入院。重症にならず退院できたので良かったですが、もう二度とその小児科へは行ってません。
(30代 主婦)

お風呂での危機一髪


子どもが1人でお風呂場で水遊びをしていました。

お風呂の外からお風呂の水を汲んだり、出したりして楽しく遊んでいたのですが、手をついたところが水で濡れていて、体勢を崩してしまいそのままお風呂の中に入ってしまいそうになりました。

たまたま近くにいたので助けることができました。
怪我もなく済んだので本当に安心しました。

子どももびっくりしたような様子ではありましたが、その後も変わらず遊んでいたので安心しました。
(30歳 主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<子育て危機一髪エピソード>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(lipine編集部)

関連記事: