夫「イイにおいではないけれど、嫌いじゃないよ」と言われた”頭皮のにおい”これはもしかして…?<老いを感じた瞬間>

夫「イイにおいではないけれど、嫌いじゃないよ」と言われた”頭皮のにおい”これはもしかして…?<老いを感じた瞬間>

夫「イイにおいではないけれど、嫌いじゃないよ」と言われた”頭皮のにおい”これはもしかして…?<老いを感じた瞬間>

夫「イイにおいではないけれど、嫌いじゃないよ」と言われた”頭皮のにおい”これはもしかして…?<老いを感じた瞬間>

だんだん年を取るにつれて、体の調子や状態などは変わっていくものですよね。
今回は、皆さんから募集した「老いを感じた瞬間」を紹介いたします!

タオルから感じた臭いに…

わたしが老いを感じた瞬間は、髪を洗ったのに頭皮のニオイが気になったときです。

わたしはスポーツクラブで毎日のように運動しているし、岩盤浴やサウナにも通ってデトックスも怠っていません。
体臭に問題ないはずだったのに、ある日洗髪直後に臭ったのです。

家族に聞いてみても、誰もわたしのニオイに気づいていませんでした。
気づいていれば教えてくれる正直な家族なので、本当に臭っていなかったのだと思います。

髪の水分を拭き取ったタオルから老いを感じるにおいがして本当にショックでした。
年を取ると独特なニオイを放つようになりますよね…。
(50代 会社員)

夫に指摘されショック

先日、夫に指摘されてしまったのが「頭皮のにおい」です。

以前と比べると、ちょっと変わってきたとのことでした。
夫は「イイにおいではないけれど、嫌いじゃないよ」と、喜んでいいのか、それとも悲しむべきなのか、よく分からない感想を述べました。

いわゆる「加齢臭」なのかな、と落ち込みはしました。
夫とは結婚して20年ほど経つのですが、私としては今後もできればイチャイチャしたいので、シャンプーを念入りにするようになりました。

(40代 専業主婦)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した「老いを感じた瞬間」をご紹介しました。
次回の配信もお楽しみに!

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: