【恐怖】「隣みてよ…」授業中に友人と話していると、隣の男の子のノートが…!【ゾッとする怖い話3選】

【恐怖】「隣みてよ…」授業中に友人と話していると、隣の男の子のノートが…!【ゾッとする怖い話3選】

【恐怖】「隣みてよ…」授業中に友人と話していると、隣の男の子のノートが…!【ゾッとする怖い話3選】

【恐怖】「隣みてよ…」授業中に友人と話していると、隣の男の子のノートが…!【ゾッとする怖い話3選】

みなさんは、恐怖体験をしたことがありますか?
日常生活、職場、旅先など色々なシーンで起こりうることですよね。

今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>をまとめて3選、ご紹介いたします。

隣の男の子


専門学生の時の話です。
私の専門学校は、グループワークをする授業が多く、グループ内で話し合って問題を解きます。

私は、グループの中で目の前の席に仲のいい友達がいたので、授業中にもかかわらず、世間話をしていました。
すると、友達が「隣を見て」と目で合図をしてきたので何かと思って隣の男の子をみると…。

ノートにひたすら「ウザい」と文字を書いていました。
ページ一面に広がる文字にゾクッとしました。

「えっ、こわすぎ…」と心の中で思いましたが、その後特に何か言われたり、嫌がらせを受けたりもしなかったのでよかったです。
でも、仲良くなろうとは思えずに距離をとりました。
(29歳 会社員)

実家で飼っている猫


昔、次女を出産のため実家へ里帰りをしていました。
落ち着いてきたため、現在住んでいる土地に戻ってきたときの話です。

実家で飼っている猫が、ちょうど私が戻ってきた後に亡くなったと母から連絡が来ました。

その三日後くらいに、まだ言葉もちゃんと話せない長女が玄関を指さししきりに「にゃんにゃん、にゃんにゃん」と言うのです。
ちなみに長女はまだワンワンしかいったことがありませんでした。

亡くなった飼い猫が様子を見に来てくれたのか、と思いましたが少し怖かったです。
(30歳/パート主婦)

鏡の向こうには…


自分の祖母の家での話なんですが、当時祖母の家で暮らしていた自分は夜中にトイレに行きたくなり、階段を下りていると廊下に白い着物を着た女の人が歩いていました。

自分は、驚き背筋が凍りつき、急いで布団に潜り夜が明けるまでおびえていたのを鮮明に今でも覚えています。

両親もその人を見たことがあると言っていて、「たださまよっているだけだから何もしてこないよ」と父が言い自分は安心しました。

そこから何回か夜中に見かけていましたが特に何か怪奇現象も起きることはなく「なんだ大丈夫じゃん」とおびえていたのが馬鹿らしくなりました。

月日が経ちましたが祖母の家に猫と戯れようと遊びに行ったとき、洗面所に手を洗いに向かっていると体が冷える感じがし「今日は暑いのになんでやろ」と思いながらも行っていると、洗面所の鏡に白い着物を着た女の人が自分の背後に立っていました。

今まで夜中の廊下でしか見ることはなく洗面所では全く見かけていなかったのと、まだ昼間というのもありゾッとしました。
そこから発狂しながら祖母達のところに逃げ込みただただおびえてました。

そのことがあってから自分は祖母の家に行っても洗面所には行けなくなりました。
(26歳 フリーター)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話まとめ>をご紹介しました。

みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: