年齢とともにまず気になり始めた体臭が”口臭”だった。子どもから極めつけの一言が…→「お母さんくさい!近づかんで!」

年齢とともにまず気になり始めた体臭が”口臭”だった。子どもから極めつけの一言が…→「お母さんくさい!近づかんで!」

年齢とともにまず気になり始めた体臭が”口臭”だった。子どもから極めつけの一言が…→「お母さんくさい!近づかんで!」

年齢とともにまず気になり始めた体臭が”口臭”だった。子どもから極めつけの一言が…→「お母さんくさい!近づかんで!」

だんだん年を取るにつれて、体の調子や状態などは変わっていくものですよね。
今回は、皆さんから募集した「老いを感じた瞬間」を紹介いたします!

マスクをするようになって口臭が…

年齢が40代に突入し、まず気になり始めた体臭は 「口臭」です。
特にマスクをするようになってから、何となく臭い気がすると思い始めました。

歯を磨けばいいと思っていましたが、子ども達に「お母さん臭い!近づかんで!!息がドブみたいなにおいがする。」と言われさすがに「ヤバい!」と思いました。
後日子どもの頃に行った以来、面倒で何となく避けていた歯医者へ検診に行きました。

すると、歯周病や虫歯が発覚し…ブラッシング指導もされ、改めてきちんとケアをしなきゃなと実感しました。

あと、最近感じるのは、外から帰った後に足がすごく臭いことです。
靴下をすぐに脱ぎたいと思うほど。これも歳のせいなのかなぁと、少々うんざりします。

(40歳 主婦)

妊娠して代謝が変わった…!?

妊娠出産を経て体質が変わった気がします。
代謝が悪くなり、あまり汗をかかなくなってきました。

体臭とは無縁な暮らしをしていましたが30代後半に差し掛かったころ、枕のニオイが気になるようになってきました。

若いころは気にならなかった部位のニオイです。
髪が揺れるたびにフワっとニオイがしたり、指で頭皮をこすったニオイを嗅いでみたところ、まさしくオヤジ臭と同等のニオイがして大変ショックを受けました。

それ以降はシャンプーをしっかりし、しっかり乾かすという当たり前の頭皮ケアにプラスして、ニオイ予防のスプレーを併用して試しているところです。

(39歳 パート)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した「老いを感じた瞬間」をご紹介しました。
次回の配信もお楽しみに!

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: