兄「今帰ってきたけど」その一言に”血の気が引いた”私達→その後”怖すぎる”事実に気づく…

兄「今帰ってきたけど」その一言に”血の気が引いた”私達→その後”怖すぎる”事実に気づく…

兄「今帰ってきたけど」その一言に”血の気が引いた”私達→その後”怖すぎる”事実に気づく…

兄「今帰ってきたけど」その一言に”血の気が引いた”私達→その後”怖すぎる”事実に気づく…

皆さんは、怪談や怖い話はお好きですか?
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

鍵があいている

ある日母と2人で部屋の大掃除をしていた時です。
当時は母、兄、私でアパートに住んでいました。

少し古いからか玄関の鍵の1つは壊れていたのですが、そのうち直すつもりでそのままにしていました。
母がストレス発散で多くの物を買い込んだために掃除が終わらず、たくさんの服をそのままに2人で疲れて眠ってしまいました。

日も傾いた頃、母の部屋のドアが開く音に気づき、寝ぼけながらも母が「お兄ちゃん?帰ってきたの?」と声をかけました。
私もドアの方を覗きましたが暗くて顔は見えません。

そのまま無言でドアを閉められたのですが、2人とも眠かったこともあって気にとめることなく再度眠りにつきました。
そして日もすっかり落ち夜になった頃、兄が帰ってきて一言。

「なんで家の鍵あいてたの?」
私達は1日中家にいたので玄関を開けてません。

逆に母が兄に「さっき帰ってきてたよね。何か買いに出かけてたの?」と尋ねます。
すると兄は「今仕事終わりで帰ってきたばっかりだけど」とのこと。

一気に血の気の引いた私達は鍵や家の様子を確認すると、鍵が歪みこじ開けられた形跡があり、物の位置も動いていると確認出来ました。
私達が夕方話しかけたのは兄ではなくなんと空き巣犯だったのです。

幸い大掃除中で何がどこにあるのかわからない状態だったからか何も盗られた形跡もなく無事でしたが、
あの時犯人が私達に声をかけられたとき変な気を起こさず逃げてくれて心底ほっとしました。
(29歳 レジパート)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: