<臭いトラブル>キッチンから“獣臭”「ナニがいるの…?」→袋をどかすと発見!液状化している身近な“アレ”に悶絶…!

<臭いトラブル>キッチンから“獣臭”「ナニがいるの…?」→袋をどかすと発見!液状化している身近な“アレ”に悶絶…!

<臭いトラブル>キッチンから“獣臭”「ナニがいるの…?」→袋をどかすと発見!液状化している身近な“アレ”に悶絶…!

<臭いトラブル>キッチンから“獣臭”「ナニがいるの…?」→袋をどかすと発見!液状化している身近な“アレ”に悶絶…!

皆さんは日常生活で、顔をしかめるような”臭い”を感じた瞬間はありますか?
今回は皆さんから実際に募集した<臭いトラブルエピソード>を紹介いたします。

無臭の違和感

私は化学物質に弱い体質で、臭いの有無にかかわらず強い薬を吸うと具合が悪くなります。
それは親にも説明していましたが、親は「無臭なら大丈夫だ」と思っていました。

大学の頃、一人暮らしの部屋が狭いので、季節ごとに実家に服を入れ替えに行っていました。
その日は冬物を取りに行ったのですが、タンスの近くへ行くに従って激しい頭痛がしました。

親に「防虫剤を絶対入れないで」と言っていたにも関わらず、親は無臭の防虫剤を大量に入れていたのです。
親に抗議しましたが「無臭なのに何で具合悪くなるの?」と理解されず、結局ビニールに入れて持って帰り、大量の冬服をベランダや浴室(換気扇がある)に干しまくって対処しました。

(30歳 アルバイト)

キッチンから獣臭

キッチンのパントリーの整理をしていた時、上段から下段に行くにつれてうっすらと異臭が。
「いやだなあ、何の臭いかな…」と及び腰になりながら整理を進めていき、一番下の段に立てかけてあったお米の袋をどけると異臭が爆発的に拡散。

のけぞり悶絶。
狭いパントリーの反対側の壁に強く頭を打ってしまいました。

原因はなにかのはずみで上の棚板から滑り落ち、下段の米袋の後ろに隠れるように着地したジャガイモ一袋でした。
半分液状化しながら放つ臭いに、(ジャガイモってこんな獣のようなにおいがするんだ…)と気付きたくなかった気付きを得つつ、死んだ目で片付け、家族への証拠隠滅を図ったのでした。

翌日がゴミの日で本当によかったです。

(34歳 事務職)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<臭いトラブルエピソード>をご紹介しました。
皆さんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: