【モラハラ】「僕が悪いんだ…」音楽関係の仕事をしている夫。止まらない”ある要求”→応えられないと態度を変え…

【モラハラ】「僕が悪いんだ…」音楽関係の仕事をしている夫。止まらない”ある要求”→応えられないと態度を変え…

【モラハラ】「僕が悪いんだ…」音楽関係の仕事をしている夫。止まらない”ある要求”→応えられないと態度を変え…

【モラハラ】「僕が悪いんだ…」音楽関係の仕事をしている夫。止まらない”ある要求”→応えられないと態度を変え…

皆さんは、他人の非常識な行動に驚いたり怒ったりすることはありますか?
中でも”モラハラ”は、今や社会現象として取り上げられていますよね。

今回は、皆さんから募集した、<モラハラ体験談>を紹介いたします!

歌の強要

音楽関係の仕事をしている夫から、歌うことを強要されます。
最初は、恥ずかしいけど私の声を好きでいてくれるなら良いかなと思っていました。

そんなこんなで夫自作の歌を歌っていましたが、日に日に注文が多くなり「そこでビブラートいれて」「○○って曲みたいに歌って」と細かく指定されるようになりました。
私はプロじゃないし、音楽も詳しくないのでその要求に応えられません。

できないとものすごく不機嫌になり「僕の作った曲が悪いから歌ってくれないんだ」「うまく歌おうって努力する気も起きないような、最低の曲を作ってしまった」などと言われます。
さらに「お前の歌をもっと良くしたい」と言ってボイストレーニングの教室にまで通わされる始末です。

いよいよ耐えられなくなり、離婚を切り出したり第三者を仲介して話し合ったりして、ようやく彼が私にモラハラをしていたと自覚してくれました。

それからは無理な歌の強要は一切なくなり、ちょうど良い距離感を保ちながら夫婦生活を続けています。
(30歳/イラストレーター)

いかがでしたか?

今回は、皆さんの<モラハラ体験談>をご紹介しました。
皆さんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: