「私93点だったんだけど凄くない?!」いつも通り点数を自慢してくる友人。しかし私の点数を見ると”無言”になり…?

「私93点だったんだけど凄くない?!」いつも通り点数を自慢してくる友人。しかし私の点数を見ると”無言”になり…?

「私93点だったんだけど凄くない?!」いつも通り点数を自慢してくる友人。しかし私の点数を見ると”無言”になり…?

今回は、lipineの人気マンガ<友達だった子の話>のワンシーンを紹介いたします。

女同士の友情って、時にドロドロしていて怖いですよね。
自分を嫌う相手に執着された話を紹介します。

いじめられ続けた学生時代

朝顔さんはA子という友達がいましたが、ある日を境に仲がギクシャクし始めていました。
そして朝顔さんはA子に小学校、中学校の9年間いじめられ続けたのです。

高校に入れば楽しい生活が待っていると思いきや、またもA子と同じ学校。
表立ったいじめはなくなりますが、A子は朝顔さんを馬鹿にしてきます。

A子に勝った瞬間

勉強が出来ないと馬鹿にされ続けた朝顔さんは、テストに向けて努力しました。
結果としてA子の点数を超え、A子は面白くありません。

その後もギクシャクとした関係は続きました。
卒業後、朝顔さんはA子と縁を切ろうと決意するのでした。

朝顔さんの努力がすごい

今まで苦手だと思っていたことを頑張れるなんて、朝顔さんの行動力に感心しました!
A子も人のいい部分を認めることが出来れば、2人の関係はもう少しマシだったかもしれませんね。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

関連記事: