義実家での”軟禁生活”から赤ちゃんと逃げた妻→実家の母の声を聞いて涙するが、夫の行動は…?

義実家での”軟禁生活”から赤ちゃんと逃げた妻→実家の母の声を聞いて涙するが、夫の行動は…?

義実家での”軟禁生活”から赤ちゃんと逃げた妻→実家の母の声を聞いて涙するが、夫の行動は…?

今回は、lipineの人気マンガ<妻の不幸を喜ぶ夫>のワンシーンを紹介いたします。

辛く厳しいパワハラ夫との暮らし。
せっかく逃げ出しても離婚の話し合いで消耗してしまう…なんてこともありそうです。

何とか実家に逃げ出した

レイはパワハラ夫のトオルに軟禁生活を強いられていました。
何とか逃げ出し、実家の母とも久しぶりの再会を果たします。

その後離婚に向けて、母と叔父同席のもとトオルと話し合いをしますが…。

夫の歪んだ愛情

トオルは数々の嫌がらせを、愛ゆえだったと説明します。
そんな悪びれない様子に、レイの母は大激怒し平手打ちを食らわせました。

トオルとはまるで話になりません。
レイは顔を合わせず、離婚準備を進めることに決めました。

強い思い込みは怖い

嫌がらせだと思っていたら、愛を持ってしていたなんて怖すぎますよね。
嫌だと感じたことは愛情として受け取る必要はありません!

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

関連記事: