「もしかしてメシマズ…?」彼女の作った”地味料理”に不満の彼!しかし彼女の手料理は愛情がこもったスゴすぎる料理で…?

「もしかしてメシマズ…?」彼女の作った”地味料理”に不満の彼!しかし彼女の手料理は愛情がこもったスゴすぎる料理で…?

「もしかしてメシマズ…?」彼女の作った”地味料理”に不満の彼!しかし彼女の手料理は愛情がこもったスゴすぎる料理で…?

今回は、lipineの人気マンガ<振った彼女が良いオンナだった件>のワンシーンを紹介いたします。


いつもと違うタイプの人と付き合うと、違和感を抱くことがありますよね。
そんなワガママで彼女を振り、後悔した話を紹介します。

ユリとの出会い

これまで派手な女性と付き合ってきたアカマツ。
大人しくて清楚なユリと出会い、結婚を意識して付き合い始めました。

そして迎えた初めてのおうちデート。
アカマツはユリの部屋の質素さに驚きます。

出された料理は和食

健康を意識していたユリは、しっかりお出汁をとった和食を振舞いました。
しかし味が薄いとがっかりしたアカマツは、ユリと距離を置くようになります。

数年後、結婚したアカマツは妻が料理をしてくれなくなり後悔していました。
ユリとよりを戻そうと考えましたが、ユリはすでに他の男性と結婚してしまっていたのです。

和食は健康的なご飯

ジャンクなものばかり食べていると、和食では味が薄く感じてしまうようです。
愛情いっぱいの手料理の魅力を感じられないなんて、残念ですよね。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

関連記事: