「えっ…退去手続き?」無事に子どもを出産した私。3人での新生活を楽しみにしていたのに…家に帰ると衝撃の事実が?!

「えっ…退去手続き?」無事に子どもを出産した私。3人での新生活を楽しみにしていたのに…家に帰ると衝撃の事実が?!

「えっ…退去手続き?」無事に子どもを出産した私。3人での新生活を楽しみにしていたのに…家に帰ると衝撃の事実が?!

今回は、lipineの人気マンガ<妻の不幸を喜ぶ夫>のワンシーンを紹介いたします。

夫婦の生活のことは相談して決めたいですよね。
しかしモラハラ夫には、そんな当たり前の主張が通りません。

子どもが生まれたら変わってくれるはず

レイは夫のトオルが、モラハラ気質であることに結婚後気づきました。
トオルはレイの不幸や失敗を、心の底から喜んでいるのです。

その後子どもを授かったレイは、幸せでこれまでの不満を忘れていました。
産後、入院を終えてトオルの一言に驚いてしまいます。

勝手に同居を決めていた

入院前、レイは義理の実家と同居をしたくない旨を伝えていました。
しかしレイの入院中にトオルは、マンションの解約や引っ越しを終えていたのです。

成す術なく同居を始めたレイに待っていたのは、モラハラ夫からの軟禁生活。
限界を迎えたレイは、こっそり逃げ出し実家で離婚の準備を進めるのでした。

なんでも勝手に決めるのはモラハラ

相談無しで夫婦のことを勝手に決めるのは、怖いですよね。
結婚前に見極められればいいものの、なかなか難しくモヤモヤしてしまいます。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

関連記事: