「やめたほうがいいですよ」頑張ってキャラ弁を作るが…保育園の先生に”悲しいアドバイス”をもらうことに?!その訳とは…

「やめたほうがいいですよ」頑張ってキャラ弁を作るが…保育園の先生に”悲しいアドバイス”をもらうことに?!その訳とは…

「やめたほうがいいですよ」頑張ってキャラ弁を作るが…保育園の先生に”悲しいアドバイス”をもらうことに?!その訳とは…

「やめたほうがいいですよ」頑張ってキャラ弁を作るが…保育園の先生に”悲しいアドバイス”をもらうことに?!その訳とは…

皆さんは普段、お弁当を作ることはありますか?
今回は、皆さんから実際に募集したお弁当を作って”ショックを受けた”トラブルを紹介いたします。

頑張ったけれど…

保育園でお弁当の日があり、キャラ弁が苦手な私は頑張って作ってみようと練習していました。
いざ当日となり、朝はいつも以上に早く起きて、某アニメのキャラクターをおにぎりで作成してみました。

かなり上手に仕上がり、写真を撮ってから子どもに持たせました。
きっと周りから褒められるだろうと、ドキドキしながら迎えにいくと、先生から「お母さん、今日はお弁当作りお疲れ様でした。でも、あの弁当はやめたほうがいいですよ。とても食べづらそうでした」と言われてしまいました。

キャラクターの顔のおにぎりは食べるだけで大変だったようで、見た目だけではないんだなと痛感しました。
その後は簡単なおにぎりに、海苔でパーツを作るだけになりました。
(42歳 介護系)

いかがでしたか?

今回は、皆さんが体験した<お弁当トラブルエピソード>をご紹介しました。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: