【LINE】「私の合鍵も渡すね」←これを言わなければ…。電球の”不規則なチカチカ”が怖くなり、彼に鍵を渡した女性。しかし、彼の様子がおかしい…?

【LINE】「私の合鍵も渡すね」←これを言わなければ…。電球の”不規則なチカチカ”が怖くなり、彼に鍵を渡した女性。しかし、彼の様子がおかしい…?

【LINE】「私の合鍵も渡すね」←これを言わなければ…。電球の”不規則なチカチカ”が怖くなり、彼に鍵を渡した女性。しかし、彼の様子がおかしい…?

【LINE】「私の合鍵も渡すね」←これを言わなければ…。電球の”不規則なチカチカ”が怖くなり、彼に鍵を渡した女性。しかし、彼の様子がおかしい…?

今回は、lipineの人気マンガ<灯りの恐怖のメッセージ>のワンシーンを紹介いたします。

電球のチカチカって、気になりますよね。
しかしそれは電球の寿命ではなく、ポルターガイストかもしれません。

点滅する電球

あやの部屋の電球が、チカチカと点滅するようになりました。
彼氏のじゅんに相談すると、幽霊からのメッセージかもしれないと言われます。

じゅんに影響され、あやが恐怖していると…。

合鍵を交換

怖くなったらいつでも避難できるようにと、じゅんが合鍵をくれました。
あやは自分の合鍵も渡しますが、その後電球の点滅がモールス信号になっていると気付きます。

「マナ、ジュンニコロサレタ」…。
じゅんの元カノがあやに警告をしてくれていましたが、すでにあやは合鍵を渡してしまっていたのです。

助けるためのメッセージ

あやを助けるためのメッセージのはずが、あやはじゅんの餌食になってしまいました。
合鍵さえ渡していなければ…。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

関連記事: