「私、気づいてたよ」中学時代にクラスのボス的な女子がいた→A子には彼女と話すときに決まってやる”癖”があって…?

「私、気づいてたよ」中学時代にクラスのボス的な女子がいた→A子には彼女と話すときに決まってやる”癖”があって…?

「私、気づいてたよ」中学時代にクラスのボス的な女子がいた→A子には彼女と話すときに決まってやる”癖”があって…?

今回は、lipineの人気マンガ<友達だった子の話>のワンシーンを紹介いたします。

学校にカーストがあると、辛いですよね。
みんな自分を守るために必死でした。

仲良しだったのに…

朝顔さんとA子は小学生の頃、大の仲良しでした。
しかしA子は次第に、朝顔さんをいじめるようになります。

中学に入ると、クラスにはボスのような存在の優里という女子がいました。
A子はいつも優里とつるみ、朝顔さんの悪口を言っていましたが…。

突然の告白

A子は優里が嫌いだと、朝顔さんに打ち明けてきました。
朝顔さんはA子が優里と話すとき、耳をいじる癖があることにも気付いていました。

A子も無理をしていたようですが、朝顔さんはA子を許せるはずもありません。
決して深くは掘り下げず、黙ってその告白を聞くのでした。

いじめは許されない

自分も辛かったからといって、いじめは許されるものではありません。
言い訳や自分の気持ちを話す前に、まずは謝罪からできるといいですよね。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

関連記事: