【ダイエットの掟】「これは絶対やめてー!」痩せるためにやってることが実は逆効果!?3つの注意事項を解説!

【ダイエットの掟】「これは絶対やめてー!」痩せるためにやってることが実は逆効果!?3つの注意事項を解説!

【ダイエットの掟】「これは絶対やめてー!」痩せるためにやってることが実は逆効果!?3つの注意事項を解説!

【ダイエットの掟】「これは絶対やめてー!」痩せるためにやってることが実は逆効果!?3つの注意事項を解説!

のあちゃんねる(noa channel)さんの「【6ヶ月で-18kg】ダイエットするのに辞めた方がいい事は、〇〇です。」をご紹介します。
ダイエットといっても、何からやればいいか迷いますよね!

18kgのダイエットに成功したのあさん、「これは辞めた方がいい」と思った3つ、気になりませんか?
これを参考にすれば、無理せずダイエットができそうです。

睡眠時間を削って運動すること


生活が忙しくて運動する時間が、寝る前になってしまうことありますよね?
仕事が忙しくて夜遅くなることもあるでしょう、女子会や仕事のつきあいで夜集まることもあるでしょう。

帰宅して疲れているけど「痩せるためにトレーニング!」、応援したくなりますがよくありません。
のあさんも「眠い時は寝てほしい」と動画の中で話しています。

ここで「眠りの質」にも関係する自律神経の話しを少し。
交感神経とは活動している時に優位になる神経、そして副交感神経は休息している時(リラックス)に優位になる神経です。

寝る前に心拍数の上がる運動をすると交感神経が優位になり、「眠れない」「朝疲れがとれない」なんてことになります。
そうならないように、寝る前は副交感神経を優位にしておくと、「質の高い睡眠」がとれますよ。

もちろん元気があるなら、軽い運動なら大丈夫ですよ!
ストレッチがオススメですね。

ご飯を抜いておかずばかりを食べること


炭水化物は「太る」イメージがありませんか?
炭水化物を抜くダイエット法もたくさんあるので、そう思ってもしかたがありません。

ご飯抜きダイエットをしたことがある人の中には、ご飯を抜くとおかずをたくさん取り過ぎてしまうという経験をした人もいるのではないでしょうか。

おかずだけご飯を食べた時のようにお腹をいっぱいにするには、かなりの量を食べないといけなくなるでしょう。

炭水化物→4kcal
タンパク質→4kcal
脂質→9kcal

カロリー計算して食事するなら、脂質を抑えた方が効率よくダイエットできますよ。
バランスを考えながら食事することは痩せるだけではなく、健康にもいいですね!

砂糖を抜くこと


「食べたら太るんではなく、食べ過ぎたら太る」と動画でのあさんが言っています。
甘い物を1度食べると2週間は、その記憶が残り「甘い物が食べたい、甘い物が食べたい」と考えてしまうくらい、依存性の高い食べ物です。

甘い物を食べないと落ち着かない・ずっと甘い物を食べていたくなる「砂糖依存症」という病気もあるそうですよ。
だからと言って砂糖を食べたらダメではなく、砂糖を減らすことを考えましょう。

ダイエットを頑張ったご褒美に、週1で大好きなスイーツを食べるなら全然問題ありません。
砂糖を控えると体のむくみ方や体重の減り方・体型も違ってくるそうですよ!

3つの〇〇に納得です!


「睡眠」「食事」「砂糖」、この3つは大切!
のあさんの体験談を聞いていて「なるほど!」と感心してしまいました。

この3つ以外に「何が大切か?」、自分に合った方法を見つけることが、ダイエット成功のコツのようですね。
そしてダイエットに成功したら、体型維持をしないとせっかくの努力が水の泡になってしまいます。

その頃には、ダイエット習慣も生活の1部になっているかもしれませんね!

>>>フルで見たい人はこちら
出典:YouTube
(lipine編集部)(トレーナー/のあ)

関連記事:

「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>