「誰も分かってくれない」息子が不登校に…その原因とは?病院へ行き、小学校にも助けを求めるが…!?<子育てエピソード>

「誰も分かってくれない」息子が不登校に…その原因とは?病院へ行き、小学校にも助けを求めるが…!?<子育てエピソード>

「誰も分かってくれない」息子が不登校に…その原因とは?病院へ行き、小学校にも助けを求めるが…!?<子育てエピソード>

「誰も分かってくれない」息子が不登校に…その原因とは?病院へ行き、小学校にも助けを求めるが…!?<子育てエピソード>

皆さんは、子育てをする際に大変だった経験や苦労した経験などはありますか?
今回は実際にユーザーの方が体験した”衝撃”の「子育ての苦労エピソード」をご紹介いたします!

誰にも理解してもらえない…

息子が小学校一年生の夏休み明けに高熱を出し、1週間入院した後から学校に行くのを嫌がるようになりました。

原因も分からず担任の先生に相談するもこちらが安心するような対応ではなく、毎日親が学校に連れて行くようになり、
それがどんどん大変になりわたしは仕事を止めて息子の不登校に付き合いました。

まだ「発達障害」というものが社会に認識される少し前の頃だったため、私たち親は訳も分からず悶々とした日々を過ごしていました。

しかし、私がストレスをためて具合が悪くなり、その時にかかった心療内科の医師に「今、一番のストレスは何ですか?」と尋ねられたので「息子の不登校です」と答えると「一度息子さんの発達検査をしてもらえば?」と児童精神科受診をすすめられ、検査をしたところ広汎性発達障害と診断されました。

ところが小学校では発達障害に対する理解はほとんどなくこちらが配慮を求めてもなかなか理解してもらえませんでした。「誰もわかってくれない…」という気持ちになり、悩みも打ち明けられず辛かったです。
(59歳/女性)

いかがでしたか?

今回は、ユーザーが体験した「子育てでの苦労」エピソードをご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事:

「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>