【作り置きレシピ】切って焼いて漬けるだけ!旬野菜で作る『生姜香る野菜の焼き浸し』

【作り置きレシピ】切って焼いて漬けるだけ!旬野菜で作る『生姜香る野菜の焼き浸し』

【作り置きレシピ】切って焼いて漬けるだけ!旬野菜で作る『生姜香る野菜の焼き浸し』

【作り置きレシピ】切って焼いて漬けるだけ!旬野菜で作る『生姜香る野菜の焼き浸し』

今回は生姜たっぷりの野菜の焼き浸しのレシピを紹介します。

さっぱりとした味わいで色々な野菜をおいしく食べられるため、暑い季節にいかがでしょうか。

作り置きとして常備菜にもおすすめです。



材料

オリーブオイル 大さじ1〜
なす 2本
ズッキーニ  半分
かぼちゃ 6スライス
アスパラ 3本

(A)
生姜すりおろし 大さじ1〜
白だし 大さじ3
めんつゆ 大さじ1/2
水 大さじ2

(1)浸す出汁を作る


(A)を全て耐熱容器に入れます。

生姜の量はお好みで増やしてくださいね。

電子レンジで600wで約2分加熱し混ぜます。

(2)野菜を切る


ナスは表面に斜めに細かく切り込みを入れ、くし切りもしくは縦切りにします。

ズッキーニは輪切りにします。

かぼちゃは食べやすい大きさに薄切りにします。

アスパラは根元2センチほどを切り、ピーラーで皮を剥き半分にします。

(3)焼いて漬ける


熱したフライパンに油を入れ、ナスは皮目からじっくり焼いていきます。

全ての野菜をしっかり全面に焼き目をつけながら焼いていき、温かいうちに出汁につけていきます。

途中、フライパンの油が少なくなってきたら、足してくださいね。

全て焼き、出汁につけて冷蔵庫で冷やしたら完成です。


翌日以降は味が染みて、さらに旨味がいっぱいです。

ピーマン、パプリカ、オクラなどのこれから旬を迎える旬野菜で作るのもおすすめです。

ぜひ作ってみてくださいね。
(lipine編集部)(レシピ提供/Saori.Wakita)

関連記事:

「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>