「カルボナーラが簡単に作れた!」ポイントを押さえて失敗しない!定番の「カルボナーラ」のレシピ

「カルボナーラが簡単に作れた!」ポイントを押さえて失敗しない!定番の「カルボナーラ」のレシピ

「カルボナーラが簡単に作れた!」ポイントを押さえて失敗しない!定番の「カルボナーラ」のレシピ

「カルボナーラが簡単に作れた!」ポイントを押さえて失敗しない!定番の「カルボナーラ」のレシピ

カルボナーラはといえば、「火が入りすぎてダマができたり、失敗しやすかったりするメニュー」というイメージを持っている人もいるでしょう。

しかし、ポイントを押さえれば失敗せずに作れますよ。
今回は、ランチにもおすすめの 「カルボナーラ」のレシピを紹介します。

材料(1人前)

パスタ 100g
オリーブオイル 大さじ1
刻みニンニク 小さじ1
ベーコン  50g前後
牛乳 50cc
塩胡椒 少々
卵 1個
パルメザンチーズ 大さじ1
あらびき黒胡椒 適量

(1)ベーコンを焼きます


フライパンにオリーブオイルを熱し、刻みニンニクを入れて中弱火にして香りを出します。
にんにくは焦げやすいので気をつけましょう。

食べやすい大きさに切ったベーコンを入れ、じっくりと焼きます。

(2)牛乳を入れてソースを作ります


牛乳を加えて沸騰しないよう、中火にして火にかけます。
油と牛乳を混ぜて乳化させるのがソース作りのポイントですよ。

(3)混ぜ合わせます


ボウルに、卵とパルメザンチーズを入れて混ぜます。
乳化させたソースと茹でたパスタを加え、全体をしっかりと混ぜ合わせましょう。



お皿に盛り付けたら、あらびき黒胡椒をトッピングして完成。
水分が多いソースは卵やパルメザンチーズと合わせることで熱が加わり、とろみがついてパスタに絡みやすくなります。


ひとりランチにもぴったりなので、ぜひ試してみてください。
(lipine編集部)

関連記事:

「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>