「ほんとに夫の子?」ありえない義母の発言に親族もあきれ顔…夫がフォローしてくれると思いきや…<義実家のトラブルエピソード>

「ほんとに夫の子?」ありえない義母の発言に親族もあきれ顔…夫がフォローしてくれると思いきや…<義実家のトラブルエピソード>

「ほんとに夫の子?」ありえない義母の発言に親族もあきれ顔…夫がフォローしてくれると思いきや…<義実家のトラブルエピソード>

「ほんとに夫の子?」ありえない義母の発言に親族もあきれ顔…夫がフォローしてくれると思いきや…<義実家のトラブルエピソード>

皆さんは、義父母や義兄弟姉妹との関係で大変だった体験や苦労した経験などはありますか?
今回は実際にユーザーの方が体験した”衝撃”の<義実家トラブルエピソード>をご紹介いたします!

義母の衝撃的なひと言!

23歳の時に長男を出産し、初めてお正月に親族へのおひろめも兼ねて義実家へ帰省したのですが
義母の開口一番が「ま~かわいい!本当に〇〇(夫)の子かしら?どこか違う男の子なんじゃないの?」という信じられない一言が今も忘れられません。

周りの親族も苦笑いするだけで誰もフォローしてくれず、一人悔しい気持ちになったのを覚えています。
お正月だったのもありおせち料理が食卓に並んだのですが、私の前におかれたのは「紅白なます」が入った小鉢のみ。

夫も他の料理を取り分けてくれればいいものの何も気遣ってくれず、手をつけないのも出来ないのでなますだけつまみながらその時間をやりすごしました。
今思い出しても嫌な気持ちになる出来事です。
(36歳/飲食業)

いかがでしたか?

今回は、ユーザーが体験した「義実家トラブルエピソード」をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事:

「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
「散らかっているレベルの話ではない!?」汚部屋に住んでいた1人の女性が、普通の部屋で暮らせるようになるまでの道のりとは…!<私、汚部屋の住人でした>総集編前半
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>
わずか半年で体重が10キロ減ることに…!?会社の上司でもある”嫁”が結婚して初めて手料理を作ってくれた日から狂い始めた訳とは…<嫁のメシがヤバすぎる>