「子どものためよ!」”完璧主義のママ友”と一緒に卒業委員をやることに。それが恐怖への一歩だった…

「子どものためよ!」”完璧主義のママ友”と一緒に卒業委員をやることに。それが恐怖への一歩だった…

「子どものためよ!」”完璧主義のママ友”と一緒に卒業委員をやることに。それが恐怖への一歩だった…

「子どものためよ!」”完璧主義のママ友”と一緒に卒業委員をやることに。それが恐怖への一歩だった…

皆さんの周りには、ちょっと厄介なママ友さんが居たりしませんか?
今回は、皆さんから実際に募集した”ママ友”に関するトラブルエピソードを紹介いたします。

完璧主義のママ友に巻き込まれた!

息子が幼稚園の時の卒業対策委員を一緒にやったママ友が、とにかく完璧主義で心身共にヘトヘトにされました。

そのママ友はすべての事に100%関わっていたくて、また仕上がりも完璧でないと許せない人だったので、妥協してもらうまで説得するのがとにかく大変でした。

「子どもの為に私の睡眠時間は削っても、一生の思い出になる物にしたい!」が口癖で、周りからも仕方ないやりたいようにやらせよう…という空気が流れていました。

特に拘ったのはアルバムで、入稿までに1ミリ単位で修正してきて、納得いくまで何日も何日もメールに添付して送ってこられ(正直どこを修正したのかわからない程些細な修正)、その度にスクロールしきれない程の長文メールが来ました。

「私は身を粉にしてやっている」「ブラック企業でももう少しマシ」だの「毎日こんなにパソコンに向き合い子どもに向き合えないのは本末転倒だ」だのと、
まるで私がやらせているかのような文章が届く始末…。

毎日恐怖で仕方ありませんでしたが、入稿まで期日もある事なので、毎日「こんなの出来るのあなただけ!素晴らしい!!」と持ち上げなんとか間に合わせました。

小学校は別々でホっとしました。

(46歳/主婦)

いかがでしたか?

今回は、ユーザーが体験した「ママ友トラブルエピソード」をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: