「イタズラじゃないの…?」扉をノックする音が聞こえ…?→扉を開けても誰もいない…!?<ゾッとする怖い話>

「イタズラじゃないの…?」扉をノックする音が聞こえ…?→扉を開けても誰もいない…!?<ゾッとする怖い話>

「イタズラじゃないの…?」扉をノックする音が聞こえ…?→扉を開けても誰もいない…!?<ゾッとする怖い話>

「イタズラじゃないの…?」扉をノックする音が聞こえ…?→扉を開けても誰もいない…!?<ゾッとする怖い話>

夏の季節に入りましたね。
この季節と言えば、怪談や怖い話ですよね。
今回は、ユーザーの方から募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

いたずらじゃないの…?

私が専門学校に通っていた時に実際に経験した出来事です。
私は、学生時代に寮に住んでいました。

学校から帰ってきて部屋で休んでいると「ドンドンドン」と何回も扉を叩く音が何分も聞こえてきてきました。
私は「友達のいたずらだろう」と思って、音が止まってすぐに扉を開けました。

しかし、誰もいなかったのです。
私の部屋は1階の1番奥で目の前は人1人分の幅の廊下しかありません。

そのため、隠れる所もありませんでした。
私は友達の部屋に言って聞いてみると「そんな事してない」と涙目で言われました。あの音は何だったのでしょうか。
(30歳 無職)

いかがでしたか?

今回は、ユーザーの方から寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: