「ここは近づいてはいけない場所」山道で迷い、たどり着いたのは”いわくつき”の村だった…<ゾッとする怖い話>

「ここは近づいてはいけない場所」山道で迷い、たどり着いたのは”いわくつき”の村だった…<ゾッとする怖い話>

「ここは近づいてはいけない場所」山道で迷い、たどり着いたのは”いわくつき”の村だった…<ゾッとする怖い話>

「ここは近づいてはいけない場所」山道で迷い、たどり着いたのは”いわくつき”の村だった…<ゾッとする怖い話>

夏の季節に入りましたね。
この季節と言えば、怪談や怖い話ですよね。
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

山道を車で走っていると…

私が体験した怖い話は、いまから25年も昔の話です。
時期は丁度今頃のことです。

当時、私は山間の山村に住んでいたのですが、その時は何か用事があり遠く離れた街まで行った帰りでした。
夜の20時過ぎ、いつもの街からの帰り道ではなく、近道をして車を走らせていたのですが、何故か道に迷ってしまいました。

そしてウロウロしてるうちにある村の近くに来て気が付きました。
そこは、昼間でも人気のない「あまり近づかないほうが良い」と注意を受けている場所でした。

「何だかとんでもないとこに出たな」と思いましたが、その村の道を抜けていくしかないので、しかたなく車をはしらせてると、せまい道路の片側に無灯火の車が一台、窓を開けて止まっていました。

誰も乗ってる気配はなく、気をつけてとおり過ぎようとした時、その車の後ろの席から、白い手がぬーっと伸びてきました。
私の腕をまるで掴もうとするように。

大変驚いて半狂乱でクルマを走らせて逃げて、やっと見つけたパン屋に逃げ込みました。
あまりの慌てぶりに、店の店員が心配して訳を尋ねるので話すと、やはり近づいてはいけない場所だったのです。

住人をあまり見かけないけど、豪奢な家が立ち並び少し変わった人達が住んでるとこだと知りました。
今でもあの白い手に捕まっていたらと思うとぞっとします。
(49歳)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: