幼い頃から大人になった今でも”定期的”に見る夢。その夢は小さな電話ボックスからスタートし…!?<ゾッとする怖い話>

幼い頃から大人になった今でも”定期的”に見る夢。その夢は小さな電話ボックスからスタートし…!?<ゾッとする怖い話>

幼い頃から大人になった今でも”定期的”に見る夢。その夢は小さな電話ボックスからスタートし…!?<ゾッとする怖い話>

幼い頃から大人になった今でも”定期的”に見る夢。その夢は小さな電話ボックスからスタートし…!?<ゾッとする怖い話>

夏の季節に入りましたね。
この季節と言えば、怪談や怖い話ですよね。
今回は、皆さんから募集した、<ゾッとする怖い話>を紹介いたします。

定期的に見る怖い夢


定期的に見る怖い夢の話です。
幼い頃から大人になった今でも見るその夢は、決まって小さな電話ボックスからスタートします。

電話がしたくて電話ボックスに入りますが、そこは山の中でトンネルの目の前です。
誰かと一緒にいたはずなのに、その時には一人になっていて、帰りたくて電話をします。

しかし、受話器を取って耳にあてると、まだお金を入れてかけてもないのにどこかにつながり「今行くね」と連呼されます。
恐怖のあまり飛び起きますが、最後に毎回聞こえるのは「チッ」という舌打ちです。

もしもこれで目が覚めなかったら…そう考えるだけでゾッとします。
(28歳 自由業)

いかがでしたか?

今回は、皆さんから寄せられた<ゾッとする怖い話>をご紹介しました。
みなさんの体験はどんなものですか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(lipine編集部)

関連記事: